立川マシマシ
0

    おっす、tantanです。

     

    前回は五月病の話を書きましたが、気が付けばもうすぐ一年も半分が過ぎようとしています。

     

    毎年毎年、年頭には目標を立てるのですが上手くいった試しがありません。

     

    とは言っても、願うだけで叶うようならそれはただ運がいいだけですからね、tantanの運力はあまり高くないので地道に努力していきたいと思います。

     

    そんなこんなで雨が降った金曜日の夜、tantanはここに来ました。

    立川マシマシです。

     

    tantan立川マシマシの記事は過去にも書きましたが、よく考えたらラーメン記事にしてなくないか?とついに気がついてしまいまし。

     

    ということで、本日は、中ラーメン(750円)と豚増し(150円)をポチり。

    夜の10時近い時間に行ったにも関わらず、なんと待ちが2名。

     

    毎度ここの人気には驚かされます。

     

    程なく店員さんからの呼びかけで着席。

     

    ここでtantanに悪魔のささやき。

     

    悪tantan「麺を豆腐にできるよ」

     

    …そうでした。前々から気になっていたメニューです。

     

    良tantan「だめ!今日はラーメンを食べるって決めてたでしょ!」

     

    …グググ。確かに。

     

    しかしその時tantan閃く。

     

    tantan「麺と豆腐ハーフってできます?」

     

    神の如き店員さん「できますよ〜」

     

    良・悪・生身tantan「それで!」

     

    無事に解決しました。

     

    待ってる間お決まりの店内写真を。

    ニンニクはセルフ方式。

    他のトッピングは二郎と同じタイミングでコールします(味薄め等は先に申告)。

    tantanが苦戦したマシライスのセットバージョン。

    これはまさしく暴君だ…。

     

    さてさて、5.6分ほどでトッピングコール。

     

    アブラカラメ

     

    でお願いしました。

     

    着丼。

    〜〜〜

     

    うーん、圧倒的なビジュアル。

    まず目を惹くのはマシたブタ。

    ほろほろで最早個数を数えることは困難だが、これでもかというほどに盛られている。

    野菜はノーコールでも十分、アブラが美味い!

    スープは醤油が立ったもの。液体油が多く見えるが意外にもスッキリ(飲み過ぎ注意!)

    麺は直系と比べると細いもの。

    ウェーブかかっていて弾力があり、麺を食べている!と思わせてくれるもの。

    美味い。

    そして他ではお目にかかれない豆腐。

     

    形を崩さずに救い出すことは出来なかったが、おそらく半丁入っていた。

     

    これはアレだ。すき焼きに似ている。

    すき焼き風なんか出されたら、好きすぎてヤキモキしちゃう!

     

    ハーフにしたので麺量もハーフ?だと思う。

     

    それでも完食する頃には満腹。

     

    これは量的にも豆腐にして良かった。

     

    〜〜〜

     

    いやーこれは新発見ですね!

    正直ここまで美味しいと思いませんでした。

     

    次はオール豆腐でもいいかな、と思ってしまうぐらいでした。

     

    ご馳走さま、と席を立って振り返ると、なんと行列が7.8人まで伸びていました。

     

    立地もよく味も良い。人気が出ないわけありませんね。

     

    さてこの後は金曜だし立川で夜遊びを…なんてことが出来ないのが自営業の辛いところ。

    今日はこの美味しいラーメンで我慢しておきます。

     

    というか最近tantanラーメン食い過ぎなのでは…!?

     

    夜遊び我慢のtantanに1ポチお願いします。人気ブログランキングへ

     

    立川マシマシ

    立川市錦町1-2-16 立川アーバンホテル 立川らーめんたま館

    月〜土 11時〜翌1時半

    日 11時〜翌0時

    年中無休

     

    今日の一句

     

    雨降れど

     

    切れぬ行列

     

    愛故に

     

    それでは。

    | インスパイア・その他ラーメン | 22:00 | comments(0) | - |
    ラーメン二郎府中店#1
    0

      こんにちは、tantanです。

       

      5月ももう少しで終わりですね。世の中で言う5月病ってやつですか、tantanは5月は週2のペースでしか二郎系ラーメンを食べられませんでした。いやー、反省反省。

       

      まあ、体重腹周り的に言うと、週2で食べてることが反省でもあるんですけどね!

       

      今回は初の紹介となるこちらの二郎です。

      ラーメン二郎府中店です(フィリピンパブではなく)。

       

      新小金井街道店、仙川店と並んでtantanのホーム的二郎とも呼べる二郎だと自分では思っているのですが、ここ最近ご無沙汰サタデーで、久しぶりの訪問です。

       

      ここの特徴は何と言っても麺!直系二郎の中でも最も太く、固く、そして縮れた麺は正にオンリーワン。ブラボー、メーン!と言えるでしょう。

      ラーメンというよりはうどんに近いような、個性的な麺です。

       

      新宿駅から京王線特急で30分、府中駅を出て国際通りという飲食店が軒を連ねる通りを行き、そのうちの一つのビルを目指します(と言っても、通りには飲食店ビルがいくつかあるので、地図を見て行った方がいい)。一階に目印の黄色い提灯が吊るしてあります。

       

      19時前に到着しましたが、店外に行列はなく、すぐに入店できました。

       

      ここではいつもラーメンのことが多いのですが、今日は初夏らしくつけ麺(800円)の食券を購入しました。昔はザルラーメンという名前だったような。

       

      店内にも待ちはなく、すぐに着席できました。

       

      厨房にはいつもの店主とバイトの若いお兄さん。

       

      ここでtantanの大事サジェスチョン!

       

      府中二郎では基本的に店内の写真撮影が禁止です。

       

      どうやら以前トラブルがあったための対応だそうです。

       

      tantanは詳しい事情を知っているわけではないので、何とも言えないところもありますが、やはり郷に入りては郷に従え、の言葉通り、ルールやマナーを守って美味しくラーメンをいただきたいですよね。

       

      ていうか若いお兄さん、ラコステのTシャツが粉で真っ白々だぞ!?いいのか!?tantanなんて万年しま○らのTシャツなのに。

       

      そうこうしているうちにコールタイムです。ここはニンニクのみで。

       

      着丼。

       

       

      〜〜〜

       

      麺の丼にヤサイ、ニンニク。つけ汁の丼にブタ。

       

      ヤサイはモヤシ多め、キャベツのシャキッとしたもの。

       

      いただけば、つけ汁は上にアブラの薄い層があり、下に府中二郎特有の香味野菜の風味が効いた醤油スープ。

       

       

      麺はいつも通りの極太。

       

       

      ブタはややパサ気味のものが4かけらほど。

       

      ほどほどの量だったので、美味しくサクッと完食。

       

      〜〜〜

       

      今回はtantanのイラストと共にお送りしました。いかがだったでしょうか。

       

      久し振りの府中二郎は、やはり安定の美味しさでした。定期的に通って記事にしていきたいと思います。

       

      イラストは府中の記事限定にする予定です。どんどん上達していく腕に乞うご期待(極笑)。

       

      ラーメン二郎府中店

      府中市宮西町1-15-5 関野屋ビル1F

      16〜23時

      日曜定休

       

      芸術はマシマシだ!1ポチお願いします。人気ブログランキングへ

       

      今日の一句

       

      込められた

       

      漢の信念

       

      太い麺

       

      | 二郎 | 20:14 | comments(0) | - |
      つけめんTETSU三鷹店
      0

        完全に夏ですね。

         

        妖精たちが夏を刺激する、どうもtantanです。

         

        少し前からブログランキングの登録をさせていただいているのは熱心な(いるのか?)読者の皆様ならご承知いただけてると思います。

         

        やっぱり始めると気になるもので今何位かなー?って確認させてもらったら、なんと!

         

        23位!

         

        という高順位にランクインさせていただきました!

         

        ぶっちゃけオッさんが片手間にやってるむさい(そしてさむい)ブログですが、どれか一つでも記事を気に入ってもらえると思うと光栄の極みです!

         

        これからも頑張ります(更新頻度が増えるとは言っていない)

         

        そんなこんなで、昨日は起きるとともに

         

        あ、つけ麺食べよう

         

        と思いつきました。

         

        気分的には二郎のつけ麺ではなく、今やつけ麺勢力の最大派閥と言っていい濃厚魚介系のものを欲していました。

         

        となると、自分の気分とブログ的に面白い店舗はどこかなーと考えていると自然に電車に乗り、ここに着いていました。

         

         

        つけめんTETSU

         

        です。

         

        三鷹駅ビルの一階に位置しているこのお店はアクセス抜群で、一瞬電車を降りて食べてまた乗るという人もいるそうです(嘘です、いるかどうかなんて知りません)。

         

        実はtantan、このお店が出来た時から知っているのですが、行ったことなかったんです。

         

        せっかくブログも始めましたので、色々なラーメン屋にも行ってみようとアクティブにやってきました。

         

        パソコンとかスマホでポチポチ文章打ってる男がアクティブとはこれいかに?

         

        到着し、外観写真等をパチり。

        券売機の前でうーん、と悩んでいると中からお姉さんが出てきてお決まりですかー?の声かけが。

         

        少々焦ってしまいましたが、ここは一番スタンダードにしようと、

        つけ麺(800円)+大盛り(100円)

        をチョイス。

         

        お姉さんに指示された席に座るとすでに水の用意が。

         

        オペレーションは完璧です。

         

        諸事情でtantanは大きい荷物を持っていたのですが、あちらにどうぞーと優しい声かけ。

         

        そうでした、ここは二郎ではありませんでした。

        調味料は壺の中に天かす?みたいなものが入ってたり、全ての味変を試すには何度も足を運ぶ必要がありそう。

         

        あ、あとお姉さんがtantanの注文を読みあげる時につけ麺300〜みたいに言ってたんだ、麺量は300グラムだと思います。

         

        十分ほどで着丼丼。

         

        求めていたビジュアルがここにありました。

         

        〜〜〜

         

        茶濁したつけ汁はこれぞ魚介!という風味がプンプンに香るもの。

         

        軽い粘性を持った汁でよく麺に絡む。

         

        中には、角煮チャーシュー

        メンマ

        ナルト

        が入っていた。

         

        うん、いい意味で普通スタイル。

         

        麺は300グラムとあって、どどーんとしたもの。上に三つ葉ものっていて絵になる麺である。

        それほど太い麺ではないものの、しっかりと水で締められているため、モチモチとしたコシと小麦の風味がかすかに香る仕様。

         

        これもまたスタンダードだ。

         

        半分ほど食べ進めたところで、つけ汁がぬるくなっていた。

         

        諸兄方もこのような体験があるだろう。

         

        対策としてレンジを置いている店舗もあれば、冷たいまま食べ進める店舗もある。

         

        しかしTETSUなら心配ご無用!

         

        なぜならこれがあるのだ。

        焼き石である。

         

        焼き石は無料サービスでおり、アッツアツに熱せられた石をレンゲに乗せてもらい、それをつけ汁に入れることでスープがかつての熱さと美味さを取り戻す画期的なアイテムだ。

        それを投入する。

         

        気泡が収まったところで、器を触るともう完全復活。

         

        猛然と食べ進み、スープまでゴクリだ。

        〜〜〜

         

        tantanはラーメンが好きなので記事にしていないラーメン屋も結構行っているんですが、このようなパフォーマンスがあるお店は他に知りません。

         

        レンジで温めるのも、焼き石を入れるのも味は変わらないのかもしれませんが、tantan的にはこういうアミューズメント性の高いお店は大好きです。

         

        これからは二郎以外でも気になるお店に行った時は記事にしたいと思います。

         

        さぁ夏本番!ラーメンの季節だ!

         

        初夏の1ポチをお願いします。人気ブログランキングへ

         

        つけめんTETSU三鷹店

        住所 三鷹市下連雀3-46-1 Dila三鷹一階

        営業時間 11時から23時(通し営業)

        定休日 年中無休

         

        今日の一句

         

        熱い意志

         

        冷めた関係

         

        取り戻す

         

        それでは。

        | インスパイア・その他ラーメン | 11:55 | comments(0) | - |
        | 1/8PAGES | >>