CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< ラーメン二郎JR西口蒲田店#1 | main | 天下一品八王子店 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    立川マシマシ@らーめんたま館
    0

      こんにちは、tantanです。

       

      いきなりなんですけど、最近耳鳴りというか、街中で名前を呼ばれる幻聴がひどいんですよ。

       

      この前中華料理屋にいるとき、

       

      「あいよ!坦々麺お待ち!」

       

      tantan「(ドキッ)」

       

      電車の中でも、

       

      「あいつはな、淡々と仕事をするからな…」

       

      tantan「(ドキッ)」

       

      ブログなんて人前に出るようなことをやっているからですね。いやー、人気ブロガーはつらいなー(華厳の滝汗)。

       

      さて、今回は麺ではなく飯です。昨日夜向かったのは"西の新宿"の異名をとる立川駅南口から歩いて数分、4店舗のラーメン店が集まる立川らーめんたま館に入っている二郎インスパイア、立川マシマシです。

       

       

      ラーメンは何度か食べたことがあるのですが、今回は変わり種に挑戦。

       

      マシライスを注文です。

       

       

      待ちなしで入店。隣のお兄さんはすり鉢みたいな丼でラーメンを食べている。

       

      先にスープが来て、ほどなくして着丼。

       

       

      ご飯量は通常の350gで注文したが、見た目はそれほどの量ではない。

       

      肉そぼろとアブラのあん、紅ショウガ。あれ、ニンニクがないぞ。

       

      店員さんに聞いてみたら、目の前にあった。こんなシステムだったっけ。

       

      ニンニクを少し入れ、まずはあんとご飯を混ぜて食べる。

       

      なんだこれ…麻薬だ。

       

      喉、食道を経由しないで脳と胃に直接訴えかけるアミノ酸。

       

      誤解を恐れず言えばものすごく味が濃くて油っこいのだが、そのジャンクな快楽に抗うことができない。

       

       

      ニンニクと紅ショウガを混ぜると、別の世界(トリップ)が見える。初めは甘みもあるあんが一気に変身するよう。

       

       

      箸休めのスープが、これまた中華料理屋の炒飯の付け合わせスープの濃いところを集めたような第七感(アミノ酸のみを感じる脳の働きと言われているとか、いないとか)刺激物。

       

      爆裂な勢いでかき込み完食。

       

       

      初めてのマシライスは、想像を遥かに超えたジャンクフード好き男子(男も女もハーフも)注目の一食でした。

       

      書いてる間にも食べたくなってきました。中毒性があります。

       

      簡単にトリップしたい皆さん、ラーメンももちろん美味しいですが、マシライスも試してみて下さい。

       

      立川マシマシ

      立川市錦町1-2-16 立川アーバンホテル 立川らーめんたま館

      月〜土 11時〜翌1時半

      日 11時〜翌0時

      年中無休

       

       

      今日の一句

      米と肉

      食べて残るは

      銀の皿

       

       

       

      | インスパイア・その他ラーメン | 17:57 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 17:57 | - | - |
        コメント
        コメントする